2017년 2월 14일 화요일

Rufus Wilmot grease Waldo

Rufus Wilmot grease Waldo

Rufus Wilmot grease Waldo
Rufus Wilmot Griswold
RWGriswold.jpg
Print, 1855 of grease Waldo by minor Kilborn Kellogg Co.
Nom de plume Ludwig
Birth (1815-02-13) 1815February 13
The United States of AmericaVermontBesson
Death 1857August 27(1857-08-27) (42 years old)
New YorkNew YorkCity
Occupation EditorLiterary criticAuthor
Signature
Portal.svg Wiki portal literature
I display a template

Rufus Wilmot grease Waldo (British: for Rufus Wilmot Griswold, from February 13, 1815 to August 27, 1857) is person of selection publication, editor, poet, commentator from United States of America Vermont. I left the house at the age of 15 years old and, at Philadelphia City, New York City, other places, worked as a journalist, an editor, a commentator. I built reputation of the strong literature partly because I published a selection called "American poet and poetry" in 1842. This selection was the comprehensive for those days and gathered things to think about in American poetry if the best. They published the revised edition and a similar selection in the latter half of the life, but most of poets who placed it did not attract attention afterwards. When a work wanted to be placed in one of these selections, many writers expected it, but criticized it about the character that grease Waldo was irritated by strictly. Grease Waldo got married three times. The first wife died young and was over by a divorce that the second marriage was publicized and caused a discussion, and, as for the third wife, a divorce of the front of it left his cause after it was hardly withdrawal.

Edgar alane Poe was the person that the poetry was placed in the selection of grease Waldo, but placed a critical reaction to make a problem which poet was placed. I caused competition relations among two people in this, and grease Waldo grew big with the salary that a magazine was higher in than a salary of Pau as an editor of "the magazines of Graham" to the place where it was to a successor of Pau. These two people competed to attract poet Francis Sargent Ozy good の mind later. After two people were not reconciled with each other about the difference in opinion, and Poe died a mysterious death in 1849, grease Waldo wrote the obituary notice which did not sympathize with Poe. I insisted that grease Waldo was a literature inheritance executor of a will chosen Poe as and continued until eight years later when grease Waldo died including exercise to hurt reputation of Poe.

I thought that grease Waldo was a specialist in American poetry by oneself and was the person who recommended that I included it in a school subject early. I supported the introduction of the Copyright Act and gave testimony for a publishing trade in the American United States Congress, but did not hesitate about making the pirated edition of the work of another person. The editor of the friend said, "I steal the fastest thing while I showed a long angry dispute most noisily" (as for him) [1].

Table of contents

The life and career

Early life

Rufus Wilmot grease Waldo was born near Rutland of Vermont on February 13, 1815. As for father, Rufus grease Waldo, mother were Debborah (maiden name ワス); [2]. I was brought up in [3], the home of the strict Calvinism [4] in a small town called Besson. It was the twelfth of 14 brothers, and father was a farmer and a shoemaker [3]. In 1822, the family sold a farm of Besson and moved to Hubbard squash ton nearby [5]. As for the childhood of grease Waldo, it was complicated and was a whim, rash character [6]. I left the house at the age of 15 years old and named oneself "the outcast who wandered in mind, the world that liked loneliness, and did not have the pleasure in homeless people" [7].

Grease Waldo moved to New York Albany and lived with the journalist of the 22-year-old fluter called George C Foster. Foster was a known writer with a book called "New York to look at with a gas light" [3]. Grease Waldo lived together with Foster until 17 years old, and these two people might be love [7]. When grease Waldo left, I wrote the letter which Foster asked to come back and completed it saying "come to me if you loved me" [8]. In 1830, grease Waldo was going to enter the Rensselaer school, but it was not admitted that I took a class after having been caught by a certain professor to commit a practical joke [9].

 
Grease Waldo of about 1840

Early work experience and the first marriage

After having worked as a disciple of Buddha of the printing offices for a short term, grease Waldo moved to New York Syracuse [7] and published the newspaper titled "a porcupine" with several friends there. This newspaper intended for people of the land about a thing memorized as a bad review of simple guts later intentionally [10].

I moved to the New York city in 1836 and, in March of the year, was introduced to 19-year-old Caroline Sarh and got married afterwards [11]. Grease Waldo was employed as an editor in New York area by various publishing companies. I considered whether I ran for election as a Whig in October, but the support of the party was not got [12]. In 1837, I got the license of the clergyman of the Baptist, but did not become the denomination which did not change for life [13].

Grease Waldo married Caroline in August, 1837 [14], and two daughters were born. After the second daughter was born, grease Waldo left a family in New York and moved to the Philadelphia city [15]. Departure of November 27, 1840 was a really idiopathic thing [16] and stopped a job of the "New York Tribune" paper which I gave of Holles Greeley and left the collection of books of several thousand [15]. I joined the staff of the "daily standard" paper of Philadelphia and built the reputation as the literary critic and came to be known for the brutality and tenaciousness [13].

After a wife of New York delivered the son who was the third child on November 6, 1842, grease Waldo visited the basis of the wife. Three days later, grease Waldo who came back to Philadelphia was informed of that a wife and a son died [17]. Grease Waldo who received a big shock went on a trip by a train with her coffin and continued refusing that I left the side for 30 hours. I kissed her lips when I invited you so that the passenger of the friend lied to him a little and answered it by hugging her. Two children cried at the side, too [18]. After other attendants left after a funeral service, refused that left the graveyard, and was pressed a relative, and at last left it [17]; [19]. I wrote a long blank verse to give to Caroline entitled "five days" and placed it in the "New York Tribune" paper of November 16, 1842 [20]. Grease Waldo often dreamed of being able to meet again without it being thought that Caroline died [17]. 40 days passed from a burial, and grease Waldo entered her joss house room, and one bunch cut the hair and kissed a sum and lips and cried for hours. It was about the next that passed for 30 hours that a certain friend discovered grease Waldo near her [7].

A person of selection publication and commentator

 
"An American poet and cover for poetry" 1855

In 1842, grease Waldo published American book of verse "American poet and poetry" of 476 pages [15]. This book presented it to Washington Allston of the poet in painters [21]. Grease Waldo collected the poetry of more than 80 poets [22], and poetry 17 parts of lady a シゴーニー, thing three parts of Edgar alane Pau, thing 45 of Charles フェノ Hoffman entered [13]. Hoffman was a close friend of grease Waldo, and the space where was more more than double than which other poets was given [23]. Grease Waldo wanted to collect the memorandum of "the recently dead celebrity", and, "a biographical yearbook" and "the jewel box of the American poetess," "poetesses of the United States" came to supervise many selections "an American prose poet" [24].

While grease Waldo collected the materials of "the American prose poet" for 1842 through 1845, I found a work of Holles Vinnie Wallace who placed it in the literature magazines such as "Burton's" in the nom de plume called the William lander in those days. Wallace declined to be placed in the selection, but two people exchanged many letters in friend personality, next time [25]. Wallace will write "generals of the army (1847) of Napoleon and the empire" in place of grease Waldo afterwards [26].

"The American prose poet" published in 1847 was prepared for to compete in particular with the resemblance selection which Cornelius Matthews and Evert Augustus die Kinch produced [27]. Grease Waldo was that came to competition-related, grease Waldo expected it with two people by this prose book of verse. When it was published, I wrote, "the young United States will become radical", and grease Waldo sent it to publisher James Thomas Fields of Boston [28]. When I prepared for the selection, grease Waldo sent a letter to a poet of the life time that I was going to place and you should pick up which poetry or demanded suggestion and gathered information for biography-like sketching [29].

In 1843, grease Waldo launched the annual literary arts magazine "opal" that attracted an essay, a novel, poetry. Nathaniel parka Willis edited the first issue and was released in the autumn of 1844 [30]. Grease Waldo was an editor of the "Sata D evening post" paper for a while [31], and "the lease of the cypress tree published a book of verse in 1844, too". At the time of when "the death is happy" "death of the young girl of grease Waldo," the poetry of the title such as "a sleep of the death" emphasized will of inevitability and the mourning of the death [32]. The different book of verse "ballad of the Christian and other poetry" were published in 1844, and "the United States society of the times of coat of the republican form of government or Washington" of the nonfiction was published again in 1854 [33]. As for this book, it was intended to put the event of the times when George Washington was the President, but mixed it to be hard to distinguish a historic fact and the doubtful tradition of the source by reading [34]. During this period, grease Waldo might act as the preacher whom I sometimes preached a sermon [35] and might get a honorary degree from the シャートレフ college of the Baptist system university of Illinois. I will obtain a nickname called "clergyman Dr. grease Waldo" in this [36].

The second marriage

On August 20, 1845, grease Waldo married Jewish woman Charlotte Mair's [37]. As for Charlotte, 42 years old, grease Waldo were 33 years old [38]. There was worry about the religious difference of two people, but pressure was sprinkled to her aunt to get married [37]. Because this difference was a strong thing, one of the friends of grease Waldo called a wife of grease Waldo "only with a small Jew woman" [39]. I understood, she "could not become a wife by a bit physical misfortune" at the night of the wedding ceremony if it depended on biographer Joey bay reply of grease Waldo [40]. I explain that biographer Kenneth Silverman of Edgar alane Pau was not able to have sex [38]. Grease Waldo thought that this marriage was invalid and thought that it was not more effective than when "or or one nature was doubtful than there was the ceremony happened in the same-sex interval it is vague" [40]. Still two people moved to South Carolina Charleston that was a country of birth of Charlotte and they were to sleep in another room, but lived a life under the same roof. All two of them are satisfied with the situation; in a wound, the end of April, 1846 she "is divided forever again together...It let a lawyer write the contract which got a divorce virtually [41]. この契約書ではグリスウォルドの再婚を禁じており、その娘のキャロラインがマイアーズの家族の所に留まることと引き換えに1,000ドルを支払うと定めていた[42]。 この別居後グリスウォルドは即座にフィラデルフィアに戻った。

ニューヨーク市への移動

その数年後、グリスウォルドはニューヨーク市に戻った。下の娘はマイアーズ家の世話に任せ、上の娘のエミリーはその母方の親戚に任せていた。グリスウォルドはこの時までに「グランド・ターク(トルコ人)」というニックネームを得ており、1847年夏にはアメリカ女流詩人による詩集を編集する計画を立てていた[43]。女性は男性と同じような「知的な」詩を書けないと考えており、分離する必要があると考えていた。その序文の中で、「2つの性における審美眼の能力の条件はおそらく異なっている、あるいは反対ですらある」と記していた[44]。『アメリカの女流詩人』のために選んだ詩は必ずしも最大級に偉大な例ではなかったが、その代わりに伝統的な道徳や価値観を強調していたので選んでいた[45]。同年、グリスウォルドはその人生の中で「最大の作品」と考えるもの、すなわち広範な伝記的事典の制作を始めた。数年間その仕事に携わって、それについて宣伝していたものの、完成することはなかった[46]エリザベス・F・エレットがその著書『アメリカ独立戦争の女達』を出版するのも手伝った。彼女がその本でグリスウォルドの援助を認めなかったときには怒った[47]。1848年7月、ロードアイランド州プロビデンスの詩人サラ・ヘレン・ホイットマンを訪問した。ただし、グリスウォルドは眩暈と息切れがしており、ニューヨーク大学にあったアパートを滅多に離れることがなく、アヘンを吸わずに執筆することもできなかった[39]。同年秋、てんかんの発作が起きた。これはその後の人生で何度も経験したものの始まりだった。ある発作の時はブルックリンのフェリーから転落し、危うく溺れるところだった[48]。出版者のジェイムズ・T・フィールズに宛てて、「私は今肉体的にも精神的にも恐ろしい状態にある。これからどうなるのか分からない。...疲れ切ってどっちつかずの生活をし、死んでいく。天国に行くか地獄に行くか」と書いていた[49]。1849年、親友になっていたチャールズ・フェノ・ホフマンが精神病院に入れられたときには、さらに問題になった[50]

グリスウォルドは様々な刊行物に、専属でもフリーランスでも編集と文芸評論の投稿を続けた。1850年7月1日から1852年4月1日号まで22か月の「インターナショナル・マガジン」への投稿もあった[51]。そこでは、エリザベス・オークス・スミス、メアリー・E・ヒューイット、ジョン・R・トンプソンなど寄稿者との作業もあった[52]。1855年11月10日、「クライテリオン」という雑誌で、ウォルト・ホイットマンの『草の葉』初版に関する匿名の書評を掲載し、「いかなる者の空想もこのように愚かな腐敗を確信できると想像するのは不可能である」と記した。グリスウォルドはホイットマンが「最も下品な想像と最も恥ずべき免許」の罪がある、「品位を下げ、不愉快な官能」であると告発した。ホイットマンの詩に触れて、泥を集めて低きに置いている。このように酷く猥褻なものに打ち勝つ力を持たねばならない、と言っていた[53]。ホイットマンは後に『草の葉』の新版にグリスウォルドの書評を加えた[54]。グリスウォルドはその書評をラテン語の言葉で「恐ろしい罪、クリスチャンの間でその名を出せない」で終えており、そてはキリスト教徒がソドミー(男色)を非難する時に長く使われてきた決まり文句だった。グリスウォルドはホイットマンの詩の中で男性同士のエロティックな願望や行動という主題を公然と指摘し、強調したことでは、19世紀で最初の者となった。ホイットマンの詩についてそれ以上の指摘は19世紀も終盤になってからのことだった[55]

離婚と3度目の結婚

グリスウォルドは詩人のアリス・キャリーと短期間浮気した後、ハリエット・マクリリスとの関係を追求した。元々「公になることを恐れ」、グリスウォルドの娘をシャーロット・マイアーズが愛していたので、シャーロットとの離婚を望んでいなかった[56]。それでも1852年3月25日にフィラデルフィアの一般訴訟裁判所に離婚の申し立てをした[57]。エリザベス・F・エレットとアン・S・スティーブンスがマイアーズに手紙を書き、離婚を認めないように勧め、またマクリリスにも彼と結婚しないように勧めた[58]。グリスウォルドはマイアーズが離婚に同意するよう説得するために、彼女が彼を見捨てたという声明書に署名するならば、娘のシャーロットを傍に置いていてもよいとしていた[59]。シャーロットがそれに同意し、離婚は12月18日に公のものになった。グリスウォルドはマイアーズあるいは娘に二度と会わないということになった可能性がある[60]。マクリリスとグリスウォルドはそれから間もない1852年12月26日に結婚し、ニューヨーク市西23丁目196の家に入った[61]。夫妻の息子ウィリアムは1853年10月9日に生まれた[62]

エレットとスティーブンスはグリスウォルドの元妻に手紙を書き続け、離婚を撤回するように勧めた。マイアーズが最後に折れて、1853年9月23日にフィラデルフィアで訴訟を起こした。しかし、裁判所は離婚の記録を失くしており、訴えを遅らせるしかなかった[63]。その秋、グリスウォルドの問題に加えて、家でガス漏れから爆発と火災が発生した[48]。グリスウォルドは大きな火傷を負い、まつ毛や眉毛を失い、手指の爪7本も失った[63]。同年、15歳になっていた娘のエミリーがコネチカット州で死にかけた。彼女が乗っていた列車が跳ね橋から川に落ちた。グリスウォルドが現場に到着したときに、間に合わせの死体置き場に49人の死体を見た。エミリーも水中で認められたときに死んだと宣言されたが、医者が彼女を蘇生させることができた[48]。1856年2月24日、離婚訴訟が裁判所に挙げられ、エレットとスティーブンスがグリスウォルドの性格について長々しい証言を行った。これにはグリスウォルドもマイアーズも出席せず、訴訟は棄却された。この厳しい試練に当惑したマクリリスはニューヨーク市のグリスウォルドの元を離れ、家族と共にメイン州バンゴーに移転した[64]

グリスウォルドは1857年8月27日、ニューヨークで結核のために死んだ[65]。友人で作家のサラ・アンナ・ルイスが、エリザベス・エレットの干渉がグリスウォルドの状態を悪くしたことを示唆し、「グリスウォルドを死に駆り立てた」と言った[66]。彼が死んだときに、その部屋を飾る物と言えば、グリスウォルド自身、フランシス・オズグッド、ポーの肖像画だけだった[67]。友人のチャールズ・ゴッドフリー・リーランドは、グリスウォルドの机で多くの作家を攻撃する文書を見つけた。それらはグリスウォルドが出版のために準備していたものだった。リーランドはそれらを燃やすことに決めた[68]

グリスウォルドの葬儀は8月30日に行われた。その棺を担いだ者には、チャールズ・フレデリック・ブリッグス、ジョージ・ヘンリー・ムーア、リチャード・ヘンリー・ストッダードがいた[65]。その遺骸はグリーンウッド墓地の墓を受けられるまで8年間待たされ、1865年7月12日に埋葬された。墓石は無かった[69]。数千冊あったその蔵書は競売に掛けられ、収益は3,000ドル以上となったので記念碑制作に向けられるはずだったが、それが発注されることはなかった[69]

評判と影響

 
『アメリカの詩人と詩』1855年に掲載されたグリスウォルドの版画

グリスウォルドの選集『アメリカの詩人と詩』は当時としてこの種のものでは最も包括的なものだった[15]。評論家のルイス・ゲイロード・クラークはグリスウォルドの本が「我々の年代と国の恒久的普及の文学に組み入れられるようになる」と予測すると言っていた[27]。この選集でグリスウォルドは1840年代から1850年代にそこそこの評判を築き上げた[13]。その初版は6か月の間に3度刷を重ねた[15]。しかし、掲載した詩人の選択については、時として問題にされた。あるイギリスの編集者がこの選集を照査して、「2、3の例外を除き、合衆国全体で注目すべき詩人は居ない」と結論付け、この選集について、「大西洋の向こうのミューズ(詩神)に仕える苦難の中でも最も目立つ行動」だと言った[70]。仮にそうだったとしても、この本は人気を博し、グリスウォルド死後もリチャード・ヘンリー・ストッダードの手によって数回の版を重ね続けさえした[71]

さらに近年にあっては、『アメリカの詩人と詩』は、それに選ばれた詩人がその後に注目されなくなっていった[71]ので、「詩人の墓場」とまであだ名された。文学史家のフレッド・ルイス・パティは「死んでいる...あらゆる蘇生をこえている」とまで記した[21]。パティは、この本を「詩のゴミの集まり」であり「無価値のものの集まり」とも言った[72]

当時のアメリカ文学シーンの中で、グリスウォルドは突飛で、独善的で、うぬぼれで、悪意ある者と見られた[13]。歴史家のペリー・ミラーは、「グリスウォルドは悪賢さの時代に来たのと同じくらい悪賢くあろうとしている。彼が実際に存在していると証明できる十分な書類もなく、我々は彼がチャールズ・ディケンズのもっともらしくもない発明の1つと想像することもできる」と記した[73]。後の『アメリカの散文詩人』や『アメリカの女流詩人』のような選集は、グリスウォルドを文学の独裁者にすることに役立った。彼の力が大きくなるのを恐れながら、詩人はその承認を求めた[74]。しかし、彼に印象を与えようとしたとしても、幾人かの詩人はグリスウォルドの性格について意見を出した。アン・S・スティーブンスは彼を2つの顔を持つものと呼び、「うまれつき真実を語れない」ものだと言った[75]。グリスウォルドの友人であっても、彼が全くの嘘つきであることを知っており、「それはグリスウォルドのこと? あるいは真実?」というような言い方があった[76]。別の友人は「私が出逢った中で最も怒りっぽく悪意がある男の一人」と呼んだことがあった[75]。作家のコーネリアス・マシューズは1847年に、グリスウォルドは作家を利用するために釣り上げているのだと記し、「哀れで小さく無垢の魚は」「グリスウォルドの釣り針を」避けなければならないと警告していた[77]。1843年1月28日、フィラデルフィアの「サタディ・ミュージアム」に匿名で掲載されたグリスウォルドの選集に関する書評の1つは、ポーが書いたものと考えられており[78]、「グリスウォルドの運命はどうなるのか? 忘れられるのか、彼が傷つけ侮辱した者達による場合を除いて、彼は忘却の彼方に沈んでいく。彼が存在したと告げる印を残すこともなく。あるいは、彼が今後も語られるとすれば、その信頼を悪用した不誠実な従僕として述べられるかである」と書かれていた[79]

グリスウォルドのことを「馬鹿で、さらにはごろつき」だと言っていたジェイムズ・ラッセル・ローウェル[31]、その風刺詩『評論のための寓話』の中でグリスウォルドの性質について次のような詩を作っていた。

But stay, here comes Tityrus Griswold, and leads on
The flocks whom he first plucks alive, and then feeds on—
A loud-cackling swarm, in whose feathers warm dressed,
He goes for as perfect a — swan as the rest.[80]


しかし、留まれ。専制者グリスウォルドが来て導く
彼が最初に生きたまま毛をむしり取り、餌を与える群れは
煩く泣き声を上げる群れであり、その羽根は暖かく覆っている
彼は残りのものを白鳥ほど完全に求めていく


グリスウォルドは、イギリスの詩に加えてアメリカの詩を学校の生徒に教えることを提唱したことでは、最初期の者だった。その選集の1つ『学校で使うためのアメリカの詩における読み』は特にその目的で作られた[81]。アメリカの詩に関するその知識は、1850年以前に出版されたアメリカの詩全て、推計500冊を読んできたという主張で強調された[82]。雑誌「グラハムのマガジン」の寄稿者の1人は、「彼は、その言葉が許す限り、我々が知っている誰よりも文学の愛好者である」と書いていた。「ピルグリムが上陸して以来、彼の疲れを知らぬ研究を逃れた主題について、何かを書いたという男あるいは女はいない」とも書いていた[31]オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアはグリスウォルドの研究した文学が、「その対象が作家である種の博物学者、その記憶はインクを食べているあらゆる飛びあるいは這っているものの完全な動物相である」と言っていた[27]

エバート・オーガスタス・ダイキンクは、「(国民文学の)思想は、モノマニア(偏執症)の力と共にグリスウォルドの心に入り、占有したように見える。」とコメントした[83]。詩人のフィリップ・ペンドルトン・クックは、グリスウォルドの誠実さを問題にして、彼は「それを言うよりも愛するべきだった」と言っていた[84]。1850年代までに、グリスウォルドの文学愛国主義は幾らか衰え、イギリス、フランス、ドイツからの文学を読む、より人気のある傾向に従うようになった[51]。かれは「全く新しい文学を生み出すというような愚かな言い方」から断絶するようになった[83]

グリスウォルドは国際的な著作権の確立を公然と支持していたが、彼自身は編集者として当時の作品全体を盗用することが多く、特に雑誌「ブラザー・ジョナサン」がそうだった。当時の編集者は彼に付いて「彼が『不道徳、不公正、邪悪』だと宣言する最新のものを利用しており、やかましく説教する一方であっても、最速のものを盗用していた」と語っていた[1]。たとえそうであっても、彼は1844年春にアメリカ合衆国議会で著作権法の必要性を議論するときは、出版業を代表するべく選ばれていた[30]

ポーとの関係

 
エドガー・アラン・ポーダゲレオタイプ写真、その死の1年前である1848年に撮影、39歳

グリスウォルドはフィラデルフィアで「デイリー・スタンダード」のために働いていた1841年5月に、エドガー・アラン・ポーと初めて会った[85]。その始まりから彼らの関係は、少なくとも表面上誠心誠意のものだった[13]。1841年3月29日付の手紙で、ポーはグリスウォルドに選集『アメリカの詩人と詩』のための詩数編を送り、「1つか2つが掲載されれば」、誇りに思うことになるだろうと書いていた[74]。グリスウォルドはそれらの中から3編を選んで掲載した。すなわち『コロシアム』、『幽霊の出る場所』、『眠る人』だった[13]。同年11月、ポーはそれ以前に出した「自叙伝」シリーズの中でグリスウォルドを「素晴らしい趣味と健全な判断の紳士」と持ち上げていたが[74]、グリスウォルドのためだとして選集の重要な書評を書いた。グリスウォルドはポーの書評に敬意を払い、その影響力を通じてボストンの定期刊行物に掲載させた。この書評は概して好意的なものだったが、ポーは特定の詩人たちを入れたこと、別の詩人たちを外したことを問題にしていた[86]。ポーはグリスウォルドがニューイングランドの詩人を「不当に贔屓している」とも言っていた[87]。グリスウォルドはそれ以上の称賛を期待していたが、ポーはその本で特に感銘を受けなかったと個人的に他者に伝えていた[88]。ある友人への手紙で「最も悪意あるインチキ」だとまで言っていた[89]。仲間の作家フレデリック・W・トマスに宛てた別の手紙では、グリスウォルドがこの書評を掲載させると約束したことは、実際には好意的な書評に対する賄賂であり、ポーが金を必要とすることを知っていたからだとも示唆していた[90]

それから僅か1か月後、二人の関係をさらに気まずくさせたのは、グリスウォルドが「グラハムのマガジン」の編集者としてジョージ・レックス・グラハムから雇われたことであり、その地位はポーが持っていたものだった。しかし、グリスウォルドはポーより高給が払われ、しかも雑誌の論調を支配できるように手配された[88]。それから間もなく、ポーは『アメリカの詩人と詩』と題する一連の講義を行うようになり、その最初のものは1843年11月25日にフィラデルフィアで行われた。ポーは大聴衆の前で公然とグリスウォルドを攻撃し、同様な講義でも同じことを続けた[91]。グラハムは、これらの講義の間にポーが、「十分に覚えて置かれるほどの力で、グリスウォルド氏の指関節をぴしゃりと叩いた(お仕置きをした)」と言っていた[92]。ポーは1845年1月16日付の手紙で、グリスウォルドと和解しようとし、その講義ではグリスウォルドが不愉快に思うようなことを全て省いていると約束した[93]

この二人の間の敵意となったもののもう一つの原因は、1840年代半ばに詩人フランシス・サージェント・オズグッドの好意を取り合ったことだった[49]。彼女もポーも、それぞれ別の配偶者と結婚していたが[94]、公然といちゃつくようになり、それが文学界でゴシップの種になった。グリスウォルドもオズグッドに惚れ込んでおり、文学サロンに導き、その最も忠実な守護者となった。「彼女は私が知っている中でも最も賞賛すべき女性だ」と、出版者のジェイムズ・T・フィールズに宛てて1848年に書いていた[95]。オズグッドはグリスウォルドに彼女の詩集を献呈することで応じ、「彼の才能に対する賞賛の土産、彼の寛大な性格に対する尊敬、貴重な文学に関する相談に対する感謝の印」としていた[49]

"ルートヴィヒ" 死亡記事

ポーの死後、グリスウォルドは"ルートヴィヒ"という筆名を使った死亡記事を準備した。「ニューヨーク・トリビューン」の1849年10月9日版で最初に掲載され、その後何度も掲載された[96]。そこでは、ポーには友人が少なかったので、「悲しむ者が少ない」と主張していた。ポーは、「狂気か憂鬱か」で度々街を徘徊しており、独り言を言い、自身を呪い、すぐイライラし、他人を妬み、「社会を悪人で構成されていると見なしていた」と主張した。ポーの成功要因は、彼が「その虚栄心を傷つけた世界を軽蔑する権利」を求めたからだと、記していた。ポーに関するこの性格描写の大半は、エドワード・ブルワー=リットンの小説『カクストンズ』の登場人物フランシス・ビビアンのセリフをほとんど逐語的に移したものだった[97]

グリスウォルドの伝記作者ジョイ・ベイレスは、グリスウォルドがその死亡記事で関係を隠すために筆名を使ったのではなく、新聞や雑誌に寄稿する時はそうするのが習慣だったから筆名を使ったと記していた[98]。それでも筆者がグリスウォルドであることはすぐにばれた。1849年12月17日付サラ・ヘレン・ホイットマン宛ての手紙で、「私は彼の友人ではなく、彼も私の友人ではない」と、ポーの死亡記事でのその役割を認めていた[99]

備忘録

グリスウォルドは、「ポー氏の最後の要請の中で」、「彼の家族の利益のために」自分がポーの文学的遺産の執行者になると主張した[100]。グリスウォルドは、ポーの叔母で義母のマリア・クレムが、ポーが1849年6月9日にそのような声明を作り、彼女自身がポーの作品に対する権利を手放すと言ったと主張した[100]。実際にクレムが代理権をグリスウォルドに渡すという1849年10月20日付の文書が存在したが、証人の署名が無かった[101]。しかし、クレムはそのような判断をする権利が無かった。ポーの妹であるロザリーが最も近い親類だった[102]。グリスウォルドは他のアメリカ文学者の文学上の代理人として行動していたが、ポーが実際にグリスウォルドを執行人に指名したか(恐らくポーの短編『邪悪の出版』の一部として[103])、グリスウォルド側のトリックなのか、あるいはマリア・クレムの誤りなのか、明らかではない[102]。オズグッドがポーを説得して、グリスウォルドを執行人に指名させた可能性もある[49]

いずれにしても、グリスウォルドはジェイムズ・ラッセル・ローウェルおよびナサニエル・パーカー・ウィリスと共に、ポーの作品を編集して、1850年1月から3巻本で作品集を死後出版した[104]。グリスウォルドはポーの生存している親戚とその出版の利益を分けることは無かった[105]。その本には『作家の備忘録』と題する自伝的スケッチが含まれており、その不正確さで有名になった。この『備忘録』はポーを狂人、薬物に依存し、慢性的に飲酒する者として描いていた。多くの要素は証拠として偽造された手紙を使いグリスウォルドが装飾したものであり、ポーを知っている者からは非難された。例えばサラ・ヘレン・ホイットマン、チャールズ・フレデリック・ブリッグス、さらにジョージ・レックス・グラハムだった[106]。3月になって、グラハムはその雑誌で、グリスウォルドが信頼を裏切り、死者に報復していると告発する声明を掲載した。「グリスウォルド氏は、古い偏見と古い敵意をして、かれの絵の色付けに忍び込ませた」と記した[107]。トマス・ホリー・シバーズは、グリスウォルドの告発に直接反応して『エドガー・アラン・ポーの新生活』と題する本を書いた[108]。シバーズは、グリスウォルドにはポーの作品を編集する能力が無いだけでなく、死者の文学遺産執行者として彼自身を指定する彼および全ての者が死者に負うている任務に全く気付いていないと言っていた[109]

今日、グリスウォルドの名前は通常、人格の暗殺者としてポーと関連付けられている[110]。ただし、グリスウォルドがポーを傷付けようと図っていたと、全てが考えているわけではない[29]。グリスウォルドが主張あるいは示唆していた情報の幾らかは、ポーがバージニア大学から追い出されたことと、ポーがその保護者であるジョン・アレンの2番目の妻を誘惑しようとしたことである[111]。仮にそうだったとしても、グリスウォルドの試みはポーの作品に注目を惹きつけさせただけである。読者は「悪の」男の作品を読むという概念に興奮していた[112]。グリスウォルドによるポーの性格描写と、彼が創った嘘の情報は、その後の20年間に一貫してポーの伝記に現れていた[97]

著作

選集

  • 『伝記の年鑑』(Biographical Annual、1841年)[113]
  • 『アメリカの詩人と詩』(The Poets and Poetry of America、1842年、その後数回版を重ねたものの初版)[15]
  • 『アメリカ女流詩人の宝石箱』(Gems from American Female Poets、1842年)[81]
  • 『学校で使うためのアメリカの詩における読み』(Readings in American Poetry for the Use of Schools、1843年)[81]
  • 『アメリカ文学の好奇心』(Curiosities of American Literature、1844年)[81]
  • 『19世紀イングランドの詩人と詩』(The Poets and Poetry of England in the Nineteenth Century、1844年)[114]
  • 『ジョン・ミルトンの散文詩』(The Prose Works of John Milton、1845年)[115]
  • 『イングランドの詩人と詩』(The Poets and Poetry of England、1845年)[113]
  • 『感傷の詩』(Poetry of the Sentiments、1846年)[113]
  • 『救い主の生におけるシーン』(Scenes in the Life of the Savior、1846年)[113]
  • 『アメリカの散文詩人』(Prose Writers of America、1847年)[113]
  • 『アメリカの女流詩人』(Female Poets of America、1848年)[113]
  • 『イングランドとアメリカの神聖な詩人』(The Sacred Poets of England and America、1848年)[113]
  • 『アメリカ詩のギフトの葉』(Gift Leaves of American Poetry、1849年)[113]
  • 『花の詩』(Poetry of the Flowers、1850年)[113]
  • 『感情の贈り物』(The Gift of Affection、1853年)[113]
  • 『花の贈り物、あるいは愛のリース』(Gift of Flowers, or Love's Wreath、1853年)[113]
  • 『愛の贈り物』(Gift of Love、1853年)[113]
  • 『感情の贈り物』(Gift of Sentiment、1854年)[113]

  • 『糸杉のリース: 慰みの書』(The Cypress Wreath: A Book of Consolation、1844年)[113]
  • 『キリスト教バラードの挿絵入り本』(Illustrated Book of Christian Ballads、1844年)[113]

ノンフィクション

  • 『共和制のコート、あるいはワシントンの時代のアメリカ社会』(The Republican Court or, American Society in the Days of Washington、1854年)[33]

脚注

  1. ^ a b Moss, 80–81
  2. ^ Griswold, Glenn E. (1943). The Griswold Family England-America, vol 3. Rutland, VT: Griswold Family Association of America. p. 131. 
  3. ^ a b c Silverman, 212
  4. ^ Meyers, 125
  5. ^ Bayless, 5–6
  6. ^ Bayless, 7
  7. ^ a b c d Tomc, Sandra. "Poe and His Circle". Collected in The Cambridge Companion to Edgar Allan Poe, Kevin J. Hayes, ed. Cambridge University Press, 2002: 26. ISBN 0-521-79727-6.
  8. ^ Bayless, 10
  9. ^ Bayless, 8
  10. ^ Bayless, 12–13
  11. ^ Bayless, 15
  12. ^ Bayless, 17–18
  13. ^ a b c d e f g Meyers, 126
  14. ^ Bayless, 20
  15. ^ a b c d e f Silverman, 213
  16. ^ Quinn, 350
  17. ^ a b c Silverman, 217
  18. ^ Bayless, 64
  19. ^ Bayless, 65
  20. ^ Bayless, 66
  21. ^ a b Pattee, 279
  22. ^ Sova, 197
  23. ^ Pattee, 494
  24. ^ Quinn, 350–351
  25. ^ Hatvary, George E. Wallace, Horace Binney, 1817–1852: Criticism and Interpretation Ardent Media: 20. ISBN 0-8057-7190-5.
  26. ^ Hatvary, George E. Wallace, Horace Binney, 1817–1852: Criticism and Interpretation. Ardent Media, 1977: 11. ISBN 0-8057-7190-5.
  27. ^ a b c Miller, 169
  28. ^ Widmer, Edward L. Young America: The Flowering of Democracy in New York. New York: Oxford University Press, 1999: 121. ISBN 0-19-514062-1.
  29. ^ a b Pattee, 391
  30. ^ a b Bayless, 83
  31. ^ a b c Oberholtzer, Ellis Paxson. The Literary History of Philadelphia. Philadelphia: George W. Jacobs & Co., 1906: 298. ISBN 1-932109-45-5.
  32. ^ Kennedy, J. Gerald. Poe, Death, and the Life of Writing. Yale University Press, 1987: 66–67. ISBN 0-300-03773-2.
  33. ^ a b Bayless, 234
  34. ^ Bryan, William Alfred. George Washington in American Literature 1775–1865. New York: Columbia University Press, 1952: 103.
  35. ^ Bayless, 93
  36. ^ No records from the college authenticating this claim exist. Bayless, 274
  37. ^ a b Bayless, 107
  38. ^ a b Silverman, 342
  39. ^ a b Silverman, 354
  40. ^ a b Bayless, 108
  41. ^ Bayless, 111
  42. ^ Bayless, 111–112
  43. ^ Bayless, 143
  44. ^ Watts, Emily Stipes. The Poetry of American Women from 1632 to 1945. Austin, Texas: University of Texas Press, 1977: 70–71. ISBN 0-292-76450-2
  45. ^ Watts, Emily Stipes. The Poetry of American Women from 1632 to 1945. Austin, Texas: University of Texas Press, 1978: 73. ISBN 0-292-76450-2
  46. ^ Bayless 201
  47. ^ Bayless, 143–144
  48. ^ a b c Silverman, 441
  49. ^ a b c d Meyers, 209
  50. ^ Bayless, 149
  51. ^ a b Bayless, 205
  52. ^ Bayless, 206–207
  53. ^ Jonathan Ned Katz, Love Stories: Sex Between Men Before Homosexuality (Chicago: University of Chicago Press, 2005), 105–106
  54. ^ Loving, 184–185
  55. ^ Katz, 105–106; Loving, 202
  56. ^ Bayless, 212
  57. ^ Bayless, 217
  58. ^ Bayless, 220
  59. ^ Bayless, 221
  60. ^ Bayless, 222
  61. ^ Bayless, 223
  62. ^ Bayless, 226
  63. ^ a b Bayless, 227
  64. ^ Bayless, 251
  65. ^ a b Bayless, 253
  66. ^ Phillips, Mary E. Edgar Allan Poe: The Man. Volume II. Chicago: The John C. Winston Co., 1926: 1575
  67. ^ Rosenheim, Shawn James. The Cryptographic Imagination: Secret Writing from Edgar Poe to the Internet. The Johns Hopkins University Press, 1997: 123. ISBN 978-0-8018-5332-6.
  68. ^ Quinn, 692
  69. ^ a b Bayless, 255
  70. ^ Bayless, 90
  71. ^ a b Bayless, 247
  72. ^ Pattee, 363
  73. ^ Miller, 168
  74. ^ a b c Quinn, 351
  75. ^ a b Silverman, 216–217
  76. ^ Miller, 204
  77. ^ Miller, 211
  78. ^ Quinn, 354
  79. ^ James Harrison, ed., The Complete Works of Edgar Allan Poe, New York: T. Y. Crowell, 1902, vol XVII. 220–243
  80. ^ Pattee, 389
  81. ^ a b c d Bayless, 79
  82. ^ Brooks, Van Wyck. The Flowering of New England. New York: E. P. Dutton and Company, Inc., 1952: 520
  83. ^ a b Lewis, R. W. B. The American Adam: Innocence, Tragedy, and Tradition in the Nineteenth Century. Chicago: The University of Chicago Press, 1955: 81.
  84. ^ Parks, Edd Winfield. Ante-Bellum Southern Literary Critics. Athens, GA: University of Georgia Press, 1962: 303.
  85. ^ Silverman, 211
  86. ^ Silverman, 215–216
  87. ^ Omans, Glen A. "Poe and Washington Allston: Visionary Kin", collected in Poe and His Times: The Artist and His Milieu, edited by Benjamin Franklin Fisher IV. Baltimore: The Edgar Allan Poe Society, 1990: 24. ISBN 0-9616449-2-3.
  88. ^ a b Silverman, 216
  89. ^ Quinn, 352
  90. ^ Quinn, 353
  91. ^ Bayless, 75–76
  92. ^ Silverman, 218
  93. ^ Campbell, Killis. "The Poe-Griswold Controversy", The Mind of Poe and Other Studies. New York: Russell & Russell, Inc., 1962: 67.
  94. ^ Meyers, 174
  95. ^ Bayless, 144
  96. ^ Sova, 142
  97. ^ a b Moss, 125
  98. ^ Bayless, 164
  99. ^ Quinn, 651
  100. ^ a b Bayless, 166–167
  101. ^ Quinn, 754
  102. ^ a b Silverman, 439
  103. ^ Hoffman, Daniel Poe Poe Poe Poe Poe Poe Poe. Baton Rouge: Louisiana State University Press, 1972: 14. ISBN 0-8071-2321-8.
  104. ^ Moss, 121
  105. ^ Sova, 102
  106. ^ Sova, 101
  107. ^ Moss, 122
  108. ^ Beale, 25–28
  109. ^ Beale, 70
  110. ^ Frank, Frederick and Anthony Magistrale. The Poe Encyclopedia. Westport, CT: Greenwood Press, 1991: 149. ISBN 0-313-27768-0.
  111. ^ Silverman, 440
  112. ^ Meyers, 263
  113. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Pattee, 390
  114. ^ Bayless, 85–86
  115. ^ Bayless, 96

参考文献

  • Bayless, Joy (1943). Rufus Wilmot Griswold: Poe's Literary Executor (Hardcover ed.). Nashville: Vanderbilt University Press. 
  • Davis, Richard Beale (editor) (1952). Chivers' Life of Poe (Paperback ed.). New York: E. P. Dutton & Co., Inc. 
  • Loving, Jerome (1999). Walt Whitman: The Song of Himself (Paperback ed.). University of California Press. ISBN 0-520-22687-9. 
  • Meyers, Jeffrey (1992). Edgar Allan Poe: His Life and Legacy (Paperback ed.). New York: Cooper Square Press. ISBN 0-8154-1038-7. 
  • Miller, Perry (1956). The Raven and the Whale: The War of Words and Wits in the Era of Poe and Melville. New York: Harcourt, Brace, and World, Inc. 
  • Moss, Sidney P (1969). Poe's Literary Battles: The Critic in the Context of His Literary Milieu (Paperback ed.). Southern Illinois University Press. 
  • Pattee, Fred Lewis (1966). The First Century of American Literature: 1770–1870 (Hardback ed.). New York: Cooper Square Publishers. 
  • Quinn, Arthur Hobson (1998). Edgar Allan Poe: A Critical Biography (Paperback ed.). Baltimore: The Johns Hopkins University Press. ISBN 0-8018-5730-9. 
  • Silverman, Kenneth (1991). Edgar A. Poe: Mournful and Never-ending Remembrance (Paperback ed.). New York: Harper-Perennial. ISBN 0-06-092331-8. 
  • Sova, Dawn B. (2001). Edgar Allan Poe: A to Z (Paperback ed.). New York: Checkmark Books. ISBN 0-8160-4161-X. 

関連図書

  • Passages from the Correspondence and Other Papers of Rufus W. Griswold (Cambridge, Mass., 1898), edited by his son William McCrillis Griswold (1853–1899)

外部リンク

This article is taken from the Japanese Wikipedia Rufus Wilmot grease Waldo

This article is distributed by cc-by-sa or GFDL license in accordance with the provisions of Wikipedia.

Wikipedia and Tranpedia does not guarantee the accuracy of this document. See our disclaimer for more information.

In addition, Tranpedia is simply not responsible for any show is only by translating the writings of foreign licenses that are compatible with CC-BY-SA license information.

0 개의 댓글:

댓글 쓰기